本当においしい カリーノケールのシーザーサラダ | SENDX! ONLINE SHOP

2021/11/25 11:46

「まずい、もう一杯!」

な~んて青汁のCMは言っていたけれど、健康に良いからって我慢してまで食べたくはない。 

ケールって苦くてゴワゴワしてて、ちょっと食べにくいんだよね。

でもこのカリーノケールをシーザーサラダにすると、永遠に食べ続けられる。

もしかして、ケールっておいしい野菜なのかも。

今日のレシピは「カリーノケールのシーザーサラダ」

手作りのシーザードレッシングと、温泉卵をのせたボリュームたっぷりのサラダです。

青汁の原料としても有名なケールは、栄養価は高いものの苦味や繊維の強さから苦手と言われがちな野菜ですが、このカリーノケールは、そういった苦味やエグミなどがほとんどなく、葉も柔らかいので生のままでも美味しく食べることができます。

また、カリーノケールの「カリーノ」とは「かわいい」という意味で、フリルがついているような可愛らしい見た目が特徴。このフリルによって、盛り付けたときにボリュームがでるのも魅力の一つです。

そこで今回は、誰もがケールを好きになるような、定番シーザーサラダをアップデートしたボリュームたっぷりのカリーノケールのシーザーサラダ作りました。

手作りの温泉卵の作り方は、覚えておくと他の料理にも応用できて便利ですよ。

カリーノケールのシーザーサラダ

2人分

カリーノケール 1(25g)

卵 1

ナッツ 20g


<ドレッシング>

マヨネーズ 大さじ2(24g)

牛乳 大さじ1

粉チーズ 大さじ1

レモン汁 小さじ1

おろしニンニク 小さじ1

黒こしょう 適量

作り方

まずはドレッシングを作りましょう。

今回はケールの苦味をまろやかにするドロっと濃厚なソースを合わせていきます。マヨネーズを計量スプーンで計ろうとすると、スプーンについてとるのが面倒なので大体で大丈夫です。

しっかり計量したい派の方は、スプーンより秤で計った方が早いのでグラムも書いておきますね。

このドレッシングをアボカドやレタスのサラダに合わせるときには、牛乳を大さじ1足して、ゆるいソースにすると絡みが良くなります。

今日は電子レンジを使って、温泉卵も手作りしていきます。買ってもいいですが、割高ですし、急に欲しい時に手作りできるととても便利です。卵を使いこなせると、料理の幅がぐんと広がりますよ!

耐熱容器に卵を割り入れ、卵黄が隠れるまでの水を入れます。この水が少なすぎると卵黄の表面にだけ火が入ってしまい、水が多すぎると加熱に時間がかかってしまいます。

卵黄が隠れたかなと、しっかり確認しながら水を入れましょう。深めで電子レンジ可能な容器なら、器はなんでも大丈夫です。

卵黄が爆発しないように、竹串で1箇所穴を開けておきましょう。

600Wの電子レンジで60秒加熱します。

入れた水分量により、まだ生であれば10秒づつ加熱を増やします。卵白が固まり、卵黄が生の状態が理想です。

水を捨てたら、即席温泉卵の出来上がり!水を入れてチンするだけ、簡単でしょう。

ケールを切ります。

今回のカーリーケールは、特に生サラダにおすすめの品種です。中心の軸は硬いので取り除きます。

また、ケールは繊維が強いので、1cm幅の千切りにするのがポイント。ドレッシングとの絡みも良くなり、食べやすくなります。

ナッツとの相性がいいので、今回は軽く炒って香ばしさを出したクルミを砕いたものを用意しました。

器にケール、ナッツ、温泉卵、ドレッシングの順番に盛り付けます。

より丁寧に作りたい方は、先にドレッシングとケールをボウルの中で混ぜておくと味なじみが良くなり食べやすくなります。

私はめんどくさがりなので、そのままかけました()

でも誰かに振る舞ったり、しっかり作りたいなって時はこういった小さな一手間がおいしさに繋がるので覚えておいて損なしです。

今回のポイントは、2つです。いつもより濃厚なドレッシングを用意すること、ケールを細く切ることです。噛むほどに甘みもあるフレッシュなケールの魅力にが伝わって、多くの方がケールが好きになれたらいいなと願っています。

■今回使った野菜

カリーノケール

「カリーノケール」が入ったユニーク野菜BOX

ユニーク野菜BOXはSENDX!(センドクロス)新サイトにて販売しています。