魔法のフライパンで作る キャラメルホットサンド | SENDX! ONLINE SHOP

2021/11/25 11:45

寒い日の朝は、熱々のものが食べたい。

でも狭いキッチンで器具も大して持ってない。

「いつものトーストにしようかな。」

そんな妥協心を払拭させてくれたのが、フライパン。

こいつがあれば、なんだってできるんだ。

今回のレシピは「キャラメルホットサンド」

チーズとキャラメルの、甘塩っぱいコンビネーションがクセになるレシピです。

流行のホットサンドメーカーがなくてもできる方法と、さつまいもを甘く仕上げる魔法の一手間をお伝えしましょう。

紫芋と赤皮かぼちゃのキャラメルホットサンド

1人分

食パン(8枚切り) 2

紫芋または赤皮かぼちゃ 100g

ピザ用チーズ 20g

バター 10g

砂糖 大さじ1

 

牛乳 大さじ12

砂糖 小さじ2

塩 少々

作り方

紫芋もしくは赤皮かぼちゃはやわらかく加熱し、熱いうちに潰して●を混ぜます。分量に幅があるものは水分量や甘みに個体差があるため。味見しながら進めましょう。

ここで、甘さが5倍になる(*1)さつまいものひと手間をご紹介!

さつまいもは酵素反応で甘味が作り出される食材です。

最初から甘いわけではないんです。

石焼き芋のようにゆっくり加熱すると甘くなり、レンチンなど急いで加熱するとそんなに甘くないさつまいもができます。

甘いさつまいもを作ることができれば、材料の砂糖は少なくてO K

ヘルシーに仕上げることができますよ。

オーブンの場合、濡れたキッチンペーパーで包んださつまいもを、さらにアルミホイルで包んで170℃1時間加熱します。

電子レンジの場合、濡れたキッチンペーパーで包んださつまいもを、さらにラップで包み、600Wレンジで2分加熱した後150Wのレンジで10~15分加熱しても同様にできます。

ちょっと面倒ですね~。でも、どうせさつまいもを食べる時には加熱が必要なので、まとめて先に全部加熱して冷凍しておけば、いつでも甘いさつまいもを使うことができます!

冷凍芋は小腹がすいた時のおやつにもおすすめです。

パンに、紫芋または赤皮かぼちゃのペーストを塗り、ピザ用チーズをちらします。ピザ用チーズは、中心と、パンの接着剤として周りに少量ちらすのがポイント!ホットサンドメーカーなしでも綺麗に仕上がる魔法です。

パンを重ねたら、一思いにぎゅっと上から体重をかけて潰しましょう。ホットサンドメーカーでもギュッと潰すでしょう。

特に、縁の周りをぎゅっと押して。さぁ、焼きましょう。

フライパンにバターの半量を弱火で熱し、砂糖の半量をパンの大きさに満遍なく広げ、その上にパンを置いて、弱火で45分焼いていきます。

焼き時間は、周りに溶け出した砂糖の色で確認です。キャラメル色になってきたらO K

焦げてきそうになったら早めに救出し、まだ色がつかないときには火を強めてキャラメル色になるまで焼きましょう。

一度取り出して、再度フライパンにバター、砂糖、パンの順に加熱し両面を焼きます。

この作業が面倒であれば、バターで焼くだけでもおいしく仕上がります。甘いペーストと、チーズのしょっぱさの甘塩っぱい組み合わせで、素敵な朝ごはんをお過ごしください。

*1:参考文献 その調理、9割の栄養捨ててます!/世界文化社

 

今回使った野菜

紫芋

赤皮かぼちゃ


 

「紫芋」「赤皮かぼちゃ」が入ったカラフル野菜BOX

カラフル野菜BOXはSENDX!(センドクロス)新サイトにて販売しています。